心に潤いを与える、選りすぐりの「からくり」をあなたに!! 
    からくりを作ろう研究会・からくり研究塾・からくり塾 
 
「からくりを作ろう」  研究会
 ようこそ!当研究会へ。あなたは平成28年1月1日以来 20921 番目の訪問者です。(平成16年6月16日開講)
 はじめて来られた方に! 当HPの運営主旨は、こちらをごらんください。
トピックス  H30.9.23
 
 ここ1〜2か月の間に巨匠の絵画を見る機会を得た。平山郁夫さんと東山魁夷さんの作品である。

 平山郁夫さんの作品は、シルクロードシリーズの代表作、「パルミラ遺跡を行く・朝」、「パルミラ遺跡を行く・夜」などの大きな作品のほかスケッチや現地の収集作品を含め多くの作品が展示されていた。その中で「パルミラ遺跡を行くキャラバンの人達の籠やラクダの立体感の凄さ」を作品のすぐ近くで見ることができ、技術の素晴らしさと迫力にしばし圧倒された。
 

 東山魁夷さんの作品は、ブルーを基調とする静かな色調が、自然のたたずまいを通して心に訴えかけてくるように思う。有名な唐招提寺の障壁画の展示もあった。頭の中で思っているよりも薄い色調であった。好きな作品の一つに「年暮る」という作品がある。京都の年の暮れに雪が静かに降っている情景であるが、思ったより小さな絵であった。

 絵は好きな部類であるが、描く方はからっきし駄目である。昔、NHKの趣味講座に「絵画入門」というのがあって、講師を平山郁夫さんが担当された。そのテキストの始めの方に、何でもない通りすがりの景色でも見る人が感銘を受けるなら、それは必ず絵になるから素直に向かい合えばいいのです、というようなことが書かれている。小さな作品でも作ってみたい気がする・・・。
バカチョン写真館

お彼岸になった。京都のお寺さんの境内に彼岸花が咲いていた。


0.「機巧図彙」の入手方法
 からくりのバイブルとしての「機巧図彙(からくりずい)」は、1796年に出版されたものであり、国立国会図書館に現物があるのは知られているが、国立国会図書館デジタルコレクションにより公開されており、資料を入手することができる。

 国立国会図書館HPの「国立国会図書館サーチ」という検索サービスにアクセスする。簡易検索のキーワード欄に「機巧図彙」といれて検索すると、「機巧図彙」2巻首1巻[1] 細川頼直 須原屋市兵衛 1796 国立国会図書館デジタルコレクション というのが表示される。
 しかし、この本の内容は「時計関係の巻」なので、この下に記載されている(▼関連資料を表示(10件))をクリックする。
 すると、「機巧図彙」2巻首1巻[2]というのが出てくる。これが求める「茶運人形」などの内容のものである。
そして、「機巧図彙」2巻首1巻[2]をクリックすると詳細情報が表示される。出版年月日等に「寛政8」などと書かれているのを見るとうれしくなる。
 画面右側に(見る、借りる)欄があり「国立国会図書館デジタルコレクション」をクリックすると「機巧図彙」の表紙が表示される。後は、ページをめくって求める内容を見ることができる。
(印刷する)をクリックし、好きなページをPDFに落とせば、好きな大きさに印刷することができ、自分用の蔵書が完成する。
1.「連理返り」研究塾
 もともとは「水銀」を使った「からくり」であるが、「水銀」の代わりに「鋼球」を使って製作した。

 動画
   (10段上から)  (箱仕様
 
 1.知識編 (付属資料) 文献・資料 イラスト 治具  用語解説

 2.製品編 
(付属資料) 
木目込み人形 

 3.少し「こだわり」編
2.「五段返り」研究塾
  「連理返り」の技術を参考にいよいよ「五段返り」を研究する。このからくりも「水銀」は使わないで「鋼球」を使って製作する。

 動画   10段上から)  (大型

 1.知識編

 2.製品編

 3.少しこだわり編
3.「歩行おもちゃ」研究塾
 坂道をカチカチとリズミカルな音をたてて降りる「歩行おもちゃ」を研究しよう。

 動画は  (1足飛び)   (4足歩行)  

 1.知識編




4.「茶運び人形」研究塾
 試作1号機の三郎君、2号機の四郎君の状況を報告します・・・。

 動画は 三郎君   四郎君

 1.「機功図彙」編      4.手作り塾

 2.1号機製作編

 3.2号機製作編
項    目 更新時期 主な内容
5.よくある質問(Q&Aのコーナー)欄へ    H17. 6.25  からくりを作るために必要な道具は?
6.塾長の独り言欄へ    H17. 7.19   玉屋庄兵衛さんの人形を見た・・・。
7.トピックスのデータ・ベースへ    H30. 8.18  久し振りに「五山の送り火」を見に行った・・・。
8.塾長の独り言のデータベース   H17. 7.10   朝6時半から並んで見た万博・・・。
                           Copyright(c) 2004 okazakit, all rights reserved