心に潤いを与える、選りすぐりの「からくり」をあなたに!!  
「からくりを作ろう」  研究会
 当HPにお越しいただき、ありがとうございます。このHPは下記の主旨で運営されております。どうかよろしくお願い致します。
 今から200年程前の江戸時代に「細川半蔵頼直」という人が「機功図彙」(からくりずい)(下記に記載)という本を著した。
当時では秘伝になるような、「からくり人形」の仕掛け(からくり)を、詳しい図説によって解説している。
 その序文(下記に記載)に、「普通では思いつかないような奇抜な機械を発明するポイントは、多くのものを見て心に記憶し、物に触れて「ひらめき」が出るようにすることである。
・・・(中略)・・・
 この本(「機功図彙」)は、子供の「たわむれ」のように、価値が低いようにも思われるものだが、見る人の心がけ次第では、新しい発明・発見のきっかけになるのではないだろうか。」、というようなことが書いてある。
 言われるとおり、現代でも、開発の極意変わらない
ものづくり」の伝承が叫ばれている現在、著者(細川半蔵頼直)の「技術」にかける「情熱」に想いをはせながら、江戸時代に舞い戻って「からくり」を作り当時の技術感じてみるのも有意義ではないだろうか。
 トップへ戻る
  
 参考文献及び資料 (当研究会では下記の文献・資料を参考にさせていただいております。感謝をこめて掲載させていただきます。)
1.機功図彙  例えば
 1.訓蒙図彙集成 第23巻 、著者 朝倉治彦 監修 、出版社 大空社(出版)、 出版時期 2000.3

 2.江戸科学古典叢書 3 、解説者 菊地 俊彦 、出版社 恒和出版 、出版時期 1976.9

 3.遊びの百科全書 図説からくり 、著者 立川 昭二・七代目玉屋庄兵衛・種村 季弘・青木 国夫・高柳 篤 、出版社 河出書房新社 、2002.4 など
2.機功図彙

連理返り資料
(6枚表示/7枚)
    
    
3.「機功図彙」
序文
  
4.「機功図彙」
読み方
 例えば
 1.ものと人間の文化史 3 からくり 、著者 立川 昭二 、発行所 財団法人 法政大学出版局 、出版時期 1969.6

 2.江戸科学古典叢書 3 、解説者 菊地 俊彦 、出版社 恒和出版 、出版時期 1976.9  など
5.連理返り
の図・写真
 例えば
 1.訓蒙図彙集成 第23巻 、著者 朝倉治彦 監修 、出版社 大空社(出版)、 出版時期 2000.3

 2.江戸科学古典叢書 3 、解説者 菊地 俊彦 、出版社 恒和出版 、出版時期 1976.9

 3.微笑に隠された江戸ハイテクの秘密 からくり人形 、著者 鈴木 一義  写真 大塚 誠治 、 発行所 株式会社 学習研究社 、1994 など
6.五段返り
の図・写真
 例えば
 1.訓蒙図彙集成 第23巻 、著者 朝倉治彦 監修 、出版社 大空社(出版)、 出版時期 2000.3

 2.江戸科学古典叢書 3 、解説者 菊地 俊彦 、出版社 恒和出版 、出版時期 1976.9

 3.微笑に隠された江戸ハイテクの秘密 からくり人形 、著者 鈴木 一義  写真 大塚 誠治 、 発行所 株式会社 学習研究社 、1994 など
7.歩行おもちゃの本  1. 新コロナシリーズ42 ほんとに動くおもちゃの工作 著者 加藤 孜 出版社 コロナ社 出版時期 1999.6

 2.ブルーバックス おもちゃの科学 手作りで知る新しい世界 著者 酒井 高男 出版社 講談社 出版時期 1977.2
2.トップへ戻る
3.Q&Aのコーナーへ
4.塾長の独り言欄へ
5.「連理返り」研究塾 知識編へ
6.「五段返り」研究塾 知識編へ
7.塾長の独り言データベースへ

                        Copyright(c) 2004 okazakit, all rights reserved