心に潤いを与える、選りすぐりの「からくり」をあなたに!! 
    からくりを作ろう研究会・からくり研究塾・からくり塾 
 
「からくりを作ろう」  研究会
 ようこそ!当研究会へ。あなたは平成28年1月1日以来 19263 番目の訪問者です。(平成16年6月16日開講)
 はじめて来られた方に! 当HPの運営主旨は、こちらをごらんください。
トピックス  H30.8.01
 豪雨災害お見舞い申し上げます
 暑中お見舞い申し上げます

 大阪北部地震が起こり、余震に怖さを感じている頃、今度は、豪雨災害が広い範囲で起こった。広島の土石流、岡山の川の氾濫をはじめ、あちこちで、水の恐ろしさを見せつけられた。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、家財一切の甚大な損失を受けられた方々、この炎天下で復旧されている方々、ボランティアの方々に心よりお見舞い申し上げます。

 雨がやんだと思ったら、記録的な猛暑の夏になり、熱中症の患者さんが続いている。気を付けようと思っても知らぬ間にやられてしまう。小生も、昨年、田舎でもう少しでやられかけた。

 そうこうしている間に急に台風がやって来た。反時計回りという今までの常識が通用しないルートを通り、まだ、九州等で影響を与えている。寒冷渦などという名前も出てきて、ルートの解析がされているが、地球温暖化はこの先どうなるのだろうかと思う。

 昨日は火星が接近してきたということで、久しぶりに空を眺めた。望遠鏡などはないので自前の老眼で見たのだが、赤い感じは分かった。
 この程度にしてもらいたいが相変わらず今日も猛暑である。
各位、お体にお気をつけ下さい。
  バカチョン写真館
 

 今年はセミが鳴くのが遅かったのか、猛暑になるのが早かったのか、セミがなかないなあ、と思っていたが、結構、うるさく鳴くようになった。
0.「機巧図彙」の入手方法
 からくりのバイブルとしての「機巧図彙(からくりずい)」は、1796年に出版されたものであり、国立国会図書館に現物があるのは知られているが、国立国会図書館デジタルコレクションにより公開されており、資料を入手することができる。

 国立国会図書館HPの「国立国会図書館サーチ」という検索サービスにアクセスする。簡易検索のキーワード欄に「機巧図彙」といれて検索すると、「機巧図彙」2巻首1巻[1] 細川頼直 須原屋市兵衛 1796 国立国会図書館デジタルコレクション というのが表示される。
 しかし、この本の内容は「時計関係の巻」なので、この下に記載されている(▼関連資料を表示(10件))をクリックする。
 すると、「機巧図彙」2巻首1巻[2]というのが出てくる。これが求める「茶運人形」などの内容のものである。
そして、「機巧図彙」2巻首1巻[2]をクリックすると詳細情報が表示される。出版年月日等に「寛政8」などと書かれているのを見るとうれしくなる。
 画面右側に(見る、借りる)欄があり「国立国会図書館デジタルコレクション」をクリックすると「機巧図彙」の表紙が表示される。後は、ページをめくって求める内容を見ることができる。
(印刷する)をクリックし、好きなページをPDFに落とせば、好きな大きさに印刷することができ、自分用の蔵書が完成する。
1.「連理返り」研究塾
 もともとは「水銀」を使った「からくり」であるが、「水銀」の代わりに「鋼球」を使って製作した。

 動画
   (10段上から)  (箱仕様
 
 1.知識編 (付属資料) 文献・資料 イラスト 治具  用語解説

 2.製品編 
(付属資料) 
木目込み人形 

 3.少し「こだわり」編
2.「五段返り」研究塾
  「連理返り」の技術を参考にいよいよ「五段返り」を研究する。このからくりも「水銀」は使わないで「鋼球」を使って製作する。

 動画   10段上から)  (大型

 1.知識編

 2.製品編

 3.少しこだわり編
3.「歩行おもちゃ」研究塾
 坂道をカチカチとリズミカルな音をたてて降りる「歩行おもちゃ」を研究しよう。

 動画は  (1足飛び)   (4足歩行)  

 1.知識編




4.「茶運び人形」研究塾
 試作1号機の三郎君、2号機の四郎君の状況を報告します・・・。

 動画は 三郎君   四郎君

 1.「機功図彙」編      4.手作り塾

 2.1号機製作編

 3.2号機製作編
項    目 更新時期 主な内容
5.よくある質問(Q&Aのコーナー)欄へ    H17. 6.25  からくりを作るために必要な道具は?
6.塾長の独り言欄へ    H17. 7.19   玉屋庄兵衛さんの人形を見た・・・。
7.トピックスのデータ・ベースへ    H30. 6.23  大阪で地震が起こった・・・。
8.塾長の独り言のデータベース   H17. 7.10   朝6時半から並んで見た万博・・・。
                           Copyright(c) 2004 okazakit, all rights reserved