「連理返り」 研究塾 へ 「ようこそ」
   連理返り研究塾へようこそ!
 治具の研究
  個性的な加工になって(?)精度が出せない、ごく普通の人は、少し面倒だが治具を使ってみよう。
 資料・文献に写真を載せたが治具についてもう少し説明しよう。
 治具の考え方と活用
 人形を組立てるのに必要なガイドをピン(丸棒)で構成し、出来上がれば、抜いて人形を取り出す方式である。
 足の裏(地面)と人形の肩の引合棒取付け穴が平行になるよう、側板・床板の加工、穴あけを行う。
 部品をセットしたら、接着剤で仮止めし、糊が乾いたら本体を取り出し、本付けする。
 こうすると人形が、ばらつき無く、精度よく、楽に組立できることがわかると思う。
 写真と図が少し違うが引合棒(空色)に対するガイド(治具)の様子はわかるであろう。
 引合棒が歪まないよう、木工用のクリップで糊が乾くまで挟んでおく。
  治具は、「こうでなければならない」というものはなく、製品の形状を考えながら、寸法や平行度が確保できるようにガイドを製作すれば良い。
 出来たと思って、製品を取り出そうとしたら、ピンやガイドが邪魔になり、製品が取り出せない、というようなことが製造現場でも起こるので、失敗を恐れないで、安心して(?)作ってみてください。(チャンピオンの人だったらごめんなさい・・・。)
2.トップへ戻る
3.Q&Aのコーナーへ
4.塾長の独り言欄へ
5.「連理返り」研究塾 知識編へ
6.「連理返り」研究塾 製品編へ

                       Copyright(c) 2004 okazakit, all rights reserved